資料整理

ガジェットの仕様の URL が見つかりませんでした

なぜ、資料整理が重要なのか?

  経理業務の中で一番の基本で、重要なことは、資料整理をきちんとすることです。
  資料整理ができていなければ、正確な損益の把握はできません。

  高額な領収書を一枚紛失し、それに気づかずに数字を把握してしまうと、実際は利益が出ていないのに、
  帳簿上は利益が出ていることになってしまいかねません。
  過去の取引を見直す際にも、資料整理ができていなければ非常に時間がかかってしまい、時間を無駄に
  使うことになります。

  また、税務調査の際には、必ず原始記録(領収書等)の確認をされます。その際に調査官に与える印象
  も、書類整理がきっちり出来ている会社とそうでない会社とでは、変わってきます。

  創業当初から、きっちりと資料を整理していきましょう。


どのような資料を保存すればいいのか?

  まず、下記の項目で自社にある資料を把握します。
  「必須」と書かれた項目は、どの会社にも必ずある資料となっています。

① 現金で支払った領収証はありますか?                  

領収証の整理 必須) 

② 売上の請求書を発行しますか?                       


③ 支払いの請求書が送られてきますか?                  


④ 役員報酬やお給料を支払いますか?                    


⑤ 社会保険(厚生年金・健康保険)に加入していますか?


⑥ 労働保険(労災保険・雇用保険)に加入していますか?        


⑦ 事務所の賃貸契約など、なにか契約をしていますか?         


⑧ 株主総会を開きましたか?                         


⑨ 官公庁(税務署・都道府県・市町村)に提出した書類がありますか? 


⑩ 税金の納付をしましたか?                                                                    

税金の納付書の整理 必須) 

⑪ 会社で使うクレジットカードがありますか?                                                   


⑫ 現金出納帳をつけていますか?